2022年韓国公開予定の映画『非常宣言』:豪華すぎるキャスト陣が話題!

サスペンス 新作紹介

こんにちは。Masashiです。

2022年1月に韓国で公開される映画『非常宣言』(原題:비상선언)をご紹介します。

    【2021年12月15日追記】
    新型コロナ感染拡大のため、韓国での公開延期が決定しました。
    いつまで延期かは具体的に決まっていないようです。
    ■参考:聯合ニュース2021年12日15日記事

※2021年12月15日時点で日本公開は未定です。

“史上初の危機”に瀕した飛行機を巡って繰り広げられる航空災害映画

第74回カンヌ国際映画祭の“非コンペティション部門”に招待された唯一の韓国映画です。

製作費250億ウォン(約25億円)の超大作

本当は2021年内公開予定だったのですが、コロナの関係で2022年に延期になったようです。

スポンサーリンク

もくじ

映画『非常宣言』

あらすじ

ベテラン刑事インホ(演:ソン・ガンホ)は飛行機テロ攻撃に対するある男の調査をしていたところ、容疑者が“KI501便”に搭乗したという事実を知る。

この便には娘を連れてハワイに向かうジェヒョク(演:イ・ビョンホン)などが乗っていた。

飛行機は仁川空港を出発してハワイに向かうが、乗客の男が原因不明の死を遂げ、乗客達は恐怖と混乱に陥る。

状況は地上にも伝わり、国土交通部長官スッキ(演:チョン・ドヨン)はテロ対策本部を設けて緊急対策会議を招集。

飛行機の緊急着陸案を模索し始めるが…。

公式予告動画はこちら!
(日本語字幕なし)

キャスト

  • 事件を追う刑事インホ役:ソン・ガンホ
  • 乗客ジェヒョク役:イ・ビョンホン
  • 災害対応にあたる長官スッキ役:チョン・ドヨン
  • 副機長ヒョンス役:キム・ナムギル
  • 乗客ジンソク役:イム・シワン
  • 客室乗務員ヒジン役:キム・ソジン
  • 青瓦台危機管理センター室長テス役:パク・へジュン

なんと言ってもこの豪華俳優陣でしょう。

特にソン・ガンホ×イ・ビョンホンと来たら見ないわけにはいきません!

ソン・ガンホは『パラサイト 半地下の家族』や『タクシー運転手 約束は海を越えて』の彼です。

出典:다음영화

イ・ビョンホンはいつまでもかっこいいですね…全く歳とってないように見えます。
>>イ・ビョンホンの熱演が光る『KCIA 南山の部長たち』感想記事はこちら

出典:다음영화

もちろん、その他も多数有名どころが出演。

出典:다음영화

イム・シワンもこのキャスト陣の中でも遜色ない俳優さんになっていて感無量です。

監督

出典:다음영화

本作が5作目の長編映画となるハン・ジェリム監督。
『優雅な世界』(2007年)、『観相師-かんそうし-』(2013年)などで知られます。

上記の2作品はいずれもソン・ガンホ主演映画ですので、「今回もか…」となった方もいるのではないでしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。

韓国でも「公開が待ち遠しい」という声が多いようです。
飛行機災害を題材にした韓国映画は初めてなようで、その点でも要注目の作品ですね。

日本公開情報は引き続き注視していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事もご覧頂ければ幸いです。